Appleがサードパーティーによるユーザー追跡を困難にした「ATT」が規制当局に目を付けられている理由とは?

1pt   2022-06-22 23:00
GIGAZINE

AppleのiPhoneやiPadでは、端末ごとに広告識別子の「IDFA」を割り当てており、これを利用することでアプリ開発者はユーザーの興味関心に沿った広告を表示することが可能となっています。しかし、AppleはiOS 14.5からプライバシー強化フレームワークの「App Tracking Transparency(ATT)」を導入しており、これによりアプリはユーザーの許可を取らない限りIDFAを利用することができなくなりました。このAppleのATTに関する取り組みが「反競争的である」と、一部の規制当局から批判を集めています。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。