気絶するまで飲酒すると認知症のリスクが倍増する

3pt   2020-09-15 23:00
GIGAZINE

アルコールは世界各国で幅広く愛されている嗜好品ですが、飲酒によって免疫機能がダメージを受けたり、脳卒中のリスクが増加したりするという研究結果が報告されており、アルコールは健康にさまざまな悪影響を与えるとされています。新たに発表された研究によって、一晩で大量にアルコールを摂取すると「認知症のリスクが倍増する」「共感力が低くなる」という可能性が示唆されています。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。