カフェインを過剰に摂取するとどうなってしまうのか?

0pt   2020-05-22 14:00
GIGAZINE

コーヒーを飲むことにはストレスの軽減や記憶力アップといった効能が報告されていますが、一方でコーヒーに含まれるカフェインはドラッグと同様に強い依存性を持っていて、継続的な摂取により健康被害が生じやすくことも研究から明らかになっています。新たに、カフェインの大量摂取により呼吸困難とおう吐といった症状を呈し、集中治療室に入ることになった事例が報告されています。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。