採血時の注射針の刺し直しを格段に減らす可能性を秘めた「人間と同じくらい採血がうまいロボット」が登場

8pt   2020-02-14 08:00
GIGAZINE

静脈注射はアメリカ国内で年間14億回も行われる最も一般的な臨床処置の一つであり、経験したことがある人は多いはず。しかし、腕の血管が細い人は、健康診断や献血時に行われる採血に失敗されてしまい、何度も針を刺し直されて痛い思いをしたことがあるかもしれません。そんな採血や注射を人間よりも上手に行うことができるロボットが登場しました。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。