「Supermicroのスパイ・チップ疑惑」をSupermicroだけの問題だととらえるべきではないと専門家が指摘

44pt   2018-10-11 21:00
GIGAZINE

「Supermicroのサーバーが中国での製造過程でデータを盗む目的のスパイチップを仕込まれ、人民解放軍の関与が疑われる」という衝撃的なスクープをBloombergが報じると、事の真偽を確かめるべく様々な議論が行われ、いまだに意見は集約することがなく議論は紛糾しつつあります。そんな中、Bloomberg記事でも発言を引用されたセキュリティ専門家が、「この問題を『Supermicroの問題』ととらえることは危険だ」と警鐘を鳴らしています。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。