「時に『死』の方がよい時もある」、スティーヴン・キング原作の映画「Pet Sematary」予告編公開

57pt   2018-10-11 19:00
GIGAZINE

原稿完成後「あまりの恐ろしさに発表を見合わせている」とウワサされたスティーヴン・キングの小説「ペット・セマタリー」(ペット霊園)が、1989年以来約30年ぶりに再び映画化されることになり、予告編が公開されています。タイトルの「Sematary」(霊園)は本来「Cemetery」と綴りますが、この霊園の入口にある看板は子どもが手書きしたものなのでミススペルがあるという設定です。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。