最低賃金アップを打ち出したAmazonは悩める労働者に追加のボーナスプランを提示中

42pt   2018-10-11 14:00
GIGAZINE

「アメリカで働く従業員の最低賃金を時給15ドル(約1700円)に引き上げる」という賃金制度の改定を発表したAmazonですが、一部の労働者からは「新プランによって実質的な収入が減る」と批判されていました。批判に応える形でAmazonはさらなる追加ボーナスを提示するなど、新プラン導入に向けて全力を傾けています。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。