光が動き虹色に輝く、想像を超える花火が打ち上がる「神明の花火」を見てきました

35pt   2018-08-10 19:00
GIGAZINE

近年、全国区のテレビ番組でも注目の花火大会として取り上げられる花火大会の1つに「神明の花火」があります。江戸時代には「市川の花火」と呼ばれ、日本三大花火としても名をはせていましたが、明治以降はしばらくの間、花火大会が行われない期間がありました。しかし、町の復興のため「はなびの町」らしい観光イベントをと、平成元年8月7日に「神明の花火」として復活します。奇抜かつ美しい花火が次々と上がる見応えのある花火大会として近年話題の「神明の花火」ですが、平成30年8月7日に第30回記念大会が行われるということで、実際に見てきました。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。