伝染病を媒介する蚊の生殖能力を奪うことで個体数を80%以上まで減少させる実験に成功

66pt   2018-07-11 17:00
GIGAZINE

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)は、デング熱・ジカ熱・チクングニア熱などの媒介者として知られるネッタイシマカのオスの生殖能力を人為的に喪失させ放出する実験を行い、実験地区内の個体数が80%以上も減らすことに成功したと報告しています。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。