ニューラルネットワークを用いて相手の表情を認識し自然に対話できるチャットボット「ハンク」登場

59pt   2018-07-11 16:00
GIGAZINE

対話相手の表情を読み取り、それぞれに適した返答が行えるチャットボット「ハンク」をトロント大学の研究チームが開発しました。これまで登場してきた対話可能な音声認識AIなどは、言葉の意味だけをくみ取って会話を行うものばかりでしたが、研究チームは実際のコミュニケーションでは「相手の表情」からも意図をくみ取るものであるとして、同じ質問であっても相手の表情から気分を類推して異なる返答を行うニューラルネットワークモデルの開発に成功。アバターをつけて「ハンク」と名付け、実際にさまざまな対話を行う様子をムービーで公開しています。

   趣味アンテナトップページへ
の話題が沢山。